カピバラ好きなエンジニアブログ

ITのこととか趣味のカメラのことなどを赴くままに書いていきます。カピバラの可愛さこそ至高。

AWS CLIで設定したプロファイルリストを表示する

毎回コマンドを忘れて調べているので、備忘用に書いておきます。

コマンドは以下に書いてあります。
docs.aws.amazon.com

結論

このコマンドを実行したら確認することができます。

# aws configure list-profiles


注意事項

以下の公式のドキュメントにも書いてますが、このコマンドはAWS CLIのバージョンが2でないと使えません。
f:id:live-your-life-dd18:20200720153835p:plain
設定ファイルと認証情報ファイルの設定 - AWS Command Line Interface


コントロールパネルとかからAWS CLIのバージョンを確認して、2でない場合はバージョン2のインストールが必要になります。
f:id:live-your-life-dd18:20200720153943p:plain


インストール方法はこちらに記載があります。
docs.aws.amazon.com


以下のドキュメントにも記載がありますが、バージョン1と2は同じawsコマンドで実行するので、使い分けたいということがない限り不要なバージョンはアンインストールしておきましょう。
docs.aws.amazon.com


バージョン2をインストール後にコントロールパネルで確認すると以下のように表示されます。
f:id:live-your-life-dd18:20200720155658p:plain

実行結果

コマンドを実行すると以下のように設定しているプロファイルがリスト表示されます。

PS C:\> aws configure list-profiles
default
test-codecommit