カピバラ好きなエンジニアブログ

ITのこととか趣味のカメラのことなどを赴くままに書いていきます。カピバラの可愛さこそ至高。

CloudBerry Explorerを使用して、EC2からS3にアクセスしてみた

やりたいこと

今回はCloudBerry Explorerを使用して、EC2からS3のファイルが操作できるか試していきます。
あとS3のファイルのストレージタイプをスタンダードからGlacierに移動した場合にどのように見えるのかも確認してみます。


実際に行った事

  • IAMロール作成
  • EC2作成
  • S3バケット作成
  • CloudBerry Driveインストール
  • S3アクセス確認
  • Glacierデータ確認

    IAMロール作成

    EC2からS3にアクセスさせるために、IAMロールを作成します。
    S3へのアップロードダウンロードが行いたいので、FullAccessを設定します。
    ※EC2にアタッチするため、EC2のポリシーも付けておきます。

    f:id:live-your-life-dd18:20191018113703p:plain

    EC2作成

    CloudBerry ExplorerをインストールするEC2を作成します。

    今回は無料枠のWindows Server 2019を使用します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018101958p:plain

    EC2が作成されていることを確認します。
    ※今回はSGの作成などは省略します。最低限RDPができればOKです。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018103215p:plain

    作成したIAMロールをEC2にアタッチします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018110516p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018112012p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018112127p:plain


    S3バケット作成

    EC2からアクセスするS3バケットを作成します。
    セキュリティはデフォルトのままにしました。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018103749p:plain


    CloudBerry Explorerインストール

    まずは以下のURLからフリーのCloudBerry Explorerをインストールします。
    www.cloudberrylab.com

    インストールしたexeを作成したEC2にコピー&ペーストで持っていきます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018104352p:plain

    exeを実行してインストールを進めていきます。
    ※特に変更が不要であればポチポチと進めるだけで大丈夫です。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018104643p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018104832p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018104942p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018105250p:plain

    デスクトップにショートカットが作成されているので、それをクリックします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018105436p:plain

    CloudBerry Explorerが立ち上がることを確認します。
    ※ウィンドウが他にも立ちあがるかもしれませんが、×で閉じてもらって問題ありません。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018112249p:plain

    左上のFileメニューから[New Amazon S3 Account]をクリックします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018112357p:plain

    AWSアカウントの設定画面が立ち上がりますので、Display Nameを設定して[Use AWS IAM role Policy]にチェックを付けた後「Test Connection」ボタンを押下します。
    ※S3にアクセス可能なIAMユーザのAccess keyとSecret keyでも接続可能ですが、ここではEC2にアタッチしたIAMロールでアクセスします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018113459p:plain

    Connection Successと出れば完了です。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018113315p:plain

    AWS アカウントがCloudBerry Explorerに作成されていることを確認します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018113543p:plain


    S3アクセス確認

    ExplorerのSourceから先ほど設定したAWSアカウントを指定します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018113842p:plain

    作成したS3バケットが見えることを確認します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018114111p:plain

    S3バケットにファイルをアップロードします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018114329p:plain

    Explorerからもアップロードしたファイルが確認できます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018114406p:plain

    Storage ClassがStandardであることを確認します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018114521p:plain

    S3とEC2でアップロードとダウンロードができます。
    使っている感じだとWinSCPとUIはさほど変わらないような印象を受けますね。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018114703p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018114920p:plain


    Glacierデータ確認

    アップロードしたファイルの一つをGlacierに変更します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018115544p:plain

    EC2から見たところ、listはできるようです。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018115724p:plain

    ただ、GetをしようとするとDownloadの状況は出ますが、まったく進まないのでそれはできないようです。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018115922p:plain


    感想及び所感

    思ったよりも使いやすそうですが、WinSCPがS3に接続できるようになっているのを考えると、単純にS3にファイルをアップロードするだけなら敢えてCloudBerry Explorerを使用する理由はないような気もします。
    今回は使用しませんでしたが、CloudFrontやSchedule Backupのメニューもあるので、他にもAWSのサービスと連携する機能はあるのかも。

    次はCloudBerry Driveを使用して、EC2にS3のバケットをマウントしてみようかと思います。