カピバラ好きなエンジニアブログ

ITのこととか趣味のカメラのことなどを赴くままに書いていきます。カピバラの可愛さこそ至高。

CloudBerry Driveを使用してEC2にS3をマウントしてみた

やりたいこと

前回言っていた通り、今回はCloudBerry Driveを使用してEC2にS3をマウントしてみます。

前回 capybara-engineer.hatenablog.com

実際にやったこと

  • 事前準備(S3、EC2)
  • CloudBerry Driveインストール
  • S3マウント設定
  • S3ファイル確認

    事前準備(S3、EC2)

    EC2とS3については、前回使用したものをそのまま使用します。

    f:id:live-your-life-dd18:20191018140308p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018140357p:plain


    CloudBerry Driveインストール

    以下のURLからCloudBerry Driveのexeファイルをダウンロードします。
    www.cloudberrylab.com

    コピー&ペーストでEC2に持っていきます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018140755p:plain

    exeを実行してインストールを開始します。
    ※特に変更しなくて良ければ、そのまま進めて問題ありません。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018140850p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018140926p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018140950p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018141155p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018141238p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018141310p:plain

    f:id:live-your-life-dd18:20191018141338p:plain

    メールアドレスを入力して「Start Trial」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018141449p:plain

    トライアルで15日間使用できる内容が表示されました。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018141620p:plain

    S3マウント設定

    S3のマウント設定は公式の手順を見ながら進めていきます。

    www.cloudberrylab.com

    システムトレイのアイコンからオプションをクリックします。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018142554p:plain

    storage accountsタブの「Add」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018142921p:plain

    Storage ProviderでAmazon S3を選択し、Display Nameにストレージアカウントの表示名を入力、[Use AWS IAM role policy]にチェックを付けて「OK」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018143054p:plain

    ストレージアカウントが作成されたことを確認します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018143336p:plain

    Mapped Drivesタブの「Add」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018143813p:plain

    Storege Account項目に先ほど作成したアカウントを指定し、Drive Letter項目に任意のアルファベットを指定します。(今回はEを指定)
    Volume label項目は適当なボリューム名を設定後、Path項目の「...」を押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018143939p:plain

    マウント先のS3バケットを指定します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018144455p:plain

    ここまで設定できたら「OK」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018144642p:plain

    マウントの確認ポップアップが出てくるので「OK」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018144702p:plain

    マウントが追加されていることを確認して、「OK」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018144717p:plain

    サービスのリスタートを行う確認ポップアップが出てくるので「OK」ボタンを押下します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018144929p:plain

    EC2を再起動しないと反映されないため、コンソールからEC2を再起動します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018145129p:plain

    再起動後設定したEドライブがマウントされていることを確認します。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018145351p:plain

    S3バケット内のファイルが正常に確認できました。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018145623p:plain


    S3ファイル確認

    S3⇒EC2、EC2⇒S3のファイルコピーができることが確認できました。

    f:id:live-your-life-dd18:20191018145931p:plain

    コンソールからもEC2からアップロードされたファイルが確認できます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018150108p:plain

    次にGlacierのデータをEC2にコピーしてみます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018150213p:plain

    [Interrupted Action]が発生してコピーはできませんでした。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018150356p:plain

    先ほどEC2にコピーできたファイルのストレージタイプをStandardからGlacierに変更してみます。
    f:id:live-your-life-dd18:20191018150717p:plain

    見え方は全く変わりませんが、先ほどのGlacierのデータと同じくコピーができませんでした。
    ここら辺の見え方と挙動はExplorerと同じですね。 f:id:live-your-life-dd18:20191018151122p:plain

    感想及び所感

    CloudBerry Driveを使用してEC2にS3にマウントすると、使用する側はS3を使用する意識なく使うことができるので、かなり便利ですね。
    ただ、ローカルのストレージと同じ感覚で使用していると気づいたらとんでもない料金を使用していた。。。ということがあるかもしれないので、注意が必要です。

    ストレージタイプをstandardからGlacierに変更するのは検証したので、今度はGlacierから復元した場合にEC2からファイルのGETができるか検証してみようかと思います。